気になる情報

ノートンの価格(延長・更新の料金を安くする方法)他色々書いています。

ラウラ・バセット(ローラ・バセット)とは?wikiに載っていないので。

 

ウィキペディア(Wikipedia)に情報が無いので調べました。

ラウラ・バセット(Laura Bassett)選手は、日本ではあまり知られていなかったみたいです。
調べて見ました。

ラウラ・バセット(Laura Bassett)

基本情報


名前

ローラ・バセット

職業

フットボール選手(サッカーイングランド女子代表)

生年月日

1983年8月2日

出身地

イギリス ヌニートン

身長

166 cm

体重

61 kg

所属チーム

所属チーム: ノッツ・カウンティLFC (#23 / ディフェンダー)

これまでの経緯

アンダー時代から代表として活躍していたようです。

1997年

クラブチームのコヴェントリー・シティでデビュー。

2002年

FIFA U-19女子ワールドカップに出場。

2003年

イタリア戦でフル代表デビューを果たす。

その後

「アーセナル・レディース」や「チェルシー・レディース」に所属。

現在

現在は、「ノッツ・カウンティ」に所属。

女子サッカーW杯2015 カナダ大会 準決勝

イングランド代表としてピッチに立つ。

女子サッカーのワールドカップ(W杯)カナダ大会の準決勝で、なでしこジャパン(FIFAランク4位)とイングランド(同6位)が対戦をしました。

結果: 日本2―1イングランド

オウンゴールしてしまった。

1-1でアディショナルタイムに入り、延長戦か?と思ったとき、悲劇がおこりました。

カウンターを阻止するため必死で自陣に戻ったラウラ・バセット選手。

川澄選手のクロスをクリアしようと伸ばした足のつま先にボールが当たります。
「ナイスクリア!」と思いきや、無常にもボールはイングランドのゴールに向かって飛んでいきます。
ゴールバー上部に当たったボールは、下に向かって跳ね返り、自陣のゴールの中に突き刺さりました。

勝負の世界は無情ですね。見ていてこちらが辛かったです。

3位決定戦は頑張れ!

まだ試合が残っています。
3位決定戦です!

メダル獲得目指してドイツ戦がんばって!

次は2019年のフランス大会

2019年のワールドカップはフランスで開催されます(2015年3月19日のFIFAの理事会で決定済み)。
現在31歳のローラ・バセット選手には是非、2019のフランス大会に出場してほしいです。

今回の雪辱を果たしてほしい!!

その時、チームメイトはどうだった?

yahoo!ニュースに以下の記事が乗っていました。

ローラ・バセットは偉大な見本

試合終了のホイッスルと同時に泣き崩れたバセット。肩を震わせながら涙を流すと、顔を上げることができなかった。すぐさまチームメイトが駆け寄り、指揮官も肩を支え、抱えられるようにピッチを後にした。
試合後、チームメイトたちはオウンゴールのバセットをかばった。選手のコメントを『BBC』が報じている。フル出場したFWトニ・ダガンは「とてもショックで悲しい」とうつむくも、バセットのことに話しが及ぶと、キッパリと言い切った。
「ローラ・バセットは私たちチームの一員なの。私は彼女が強い心を身につけていることを知っているわ。彼女は全ての選手にとっての偉大な見本でもあるし、私は彼女が立ち直ってくると分かってる」
決勝進出はならなかったイングランド女子代表だが、史上初の4強入りという快挙を成し遂げたことは事実。ダガンは「私はこのチームでここまで来たことを誇りに思っているし、私たちは立ち直ってみせるわ」とドイツ代表と戦う3位決定戦を見据えた。

出典:yahoo!ニュース

まとめ

ラウラ・バセット選手はチームのみんなに慕われる存在のようです。
きっと立ち直ってくれるでしょう!
がんばれローラ!

おまけ・・・「シュエミー」について

女子サッカーW杯カナダ大会のマスコットは「シュエミー」です。

白ふくろう”らしいんですが・・・なんだか微妙なルックスです。

【2015 サッカー ワールドカップ カナダ大会】FIFA公認マスコット

東京オリンピックの時にはどんなマスコットになるんでしょう。
ちょっと気になります。
では。

【広告】




【広告】


 - 時事ネタ